新型22ECT35/22ECT48 Ultra ECブラシレスモータ - 超高トルク小型モータ

新型22ECT35/22ECT48 Ultra ECブラシレスモータ - 超高トルク小型モータ

コンパクトなパッケージに超高トルクを実現した、新型22ECT35/22ECT48 Ultra ECブラシレスモータ

ポルテスキャップは、Ultra EC™ブラシレススロットレスモータのECTシリーズに、2種類の長さの新製品(35mmの22ECT35および48mmの22ECT48)を投入します。 これらの新型22ECTモータは高トルク容量を備え、軽量でコンパクトなパッケージになっており、お客様の用途においてさらなる小型化に役立ちます。

これらの4極モータは、ポルテスキャップのスロットレスブラシレスモータの滑らかな動作と長寿命を犠牲にすることなく、同種の他社製モータに比べて約1.5倍の連続トルクを発揮します。当社の22ECTモータは、低速から中速で高連続トルクを実現するため特別に最適化されており、10K~20K rpmの間で出力を最大化します。

22ECTモータは特許取得済みのUltraコイル技術と多極ロータ設計の採用により、最大41.6 mNmのトルクを実現します。重量は他社製モータに比べて約28%軽く、医療市場や産業市場のほとんどの用途に対応できる最軽量の4極モータです。特に、ユーザーの疲労軽減のため高トルク軽量モータが求められる工業用ハンドツールに適しています。また、この新型22ECTはヒューマノイドロボット、ラボオートメーション装置、電動グリッパ、土地測量機器などの用途にも最適です。

ポルテスキャップは高品質で耐久性があり、高性能なブラシレスモータの開発に成功しました。負荷がかかっても速度低下がごくわずかでモータの発熱も低いため、ギヤ付きの用途に最高の選択肢となります。低慣性であるため、即時停止、始動、加速が求められる用途にとっても最適です。

お客様が必要とする速度や電圧にお応えするため、新型22ECTモータはホールセンサと合計3種類のコイルをご用意しています。ご要望に応じて、ポルテスキャップでは、ギヤボックス、エンコーダ、他種コイル、機械インターフェース変更など、製品のカスタマイズにも対応しています。

ポルテスキャップは全世界においてISO 9001:2008の認定を受けているほか、インドの生産拠点もISO 14001:2004およびOHSAS 18001:2007の認定を受けています。