新型スロット付きブラシレスDCモータ(外科用途) 500回以上の滅菌サイクルに対応

新型スロット付きブラシレスDCモータ(外科用途) 500回以上の滅菌サイクルに対応

ポルテスキャップは、外科用途向けの新しい標準プロトタイプモータのリリースを発表できることをうれしく思います。これらの15のモータは、外科手術用装置で求められる厳しい要件をよりコスト効率の高い価格で満たすように設計された、ポルテスキャップの新型SMシリーズの外科手術用モータです。これらのモータでは、ポルテスキャップの市場有数の滅菌対応設計アプローチと外科用途に関する専門知識が活用されているので、より手頃な価格の、信頼性が常に高いソリューションが、外科手術用装置のメーカーに提供されます。これらのモータは、電動ステープラー、大骨用および小骨用整形外科ツール、関節鏡シェーバー、ENTマイクロデブリッダー、高速神経ドリル用途向けに最適化されています。ロボット支援型の外科手術用装置に加えて通常の外科ツールにも最適で、バッテリー駆動アプリケーション向けにポルテスキャップの滅菌対応コントローラと組み合わせることができます。

ポルテスキャップは滅菌対応モータ技術の世界的リーダーです。この分野での数十年にもわたる開発と多数の外科手術により、ポルテスキャップのモータは、最も要求の厳しい条件下でも優れた手術結果を実現する定評ある性能を備えています。ポルテスキャップのコスト効率の高いSMモータは、500回以上の滅菌サイクルに対応するよう設計され、その試験にパスしました。これらの小型モータは、直径の範囲が0.5~1.23インチ、最大回転数97k rpm、最大トルク17.5oz-inです。軽量、低ノイズ、低振動のため、非常に繊細な外科手術でも触覚反応と外科医の制御能力を最大化できます。

標準プロトタイプは2週間以内にご利用いただけますので、ポルテスキャップのパートナーは、すぐに試験を開始して市場投入までの時間を短縮することが可能です。ポルテスキャップの研究開発エンジニアは医療装置の統合に精通しており、協力を惜しみません。そのため、カスタマイズしたソリューションを必要とするパートナーのために、ポルテスキャップは設計を最適化してその用途に的確な要件を満たすことができます。モータの選択に役立つ詳細な情報については、今すぐエンジニアまでお問い合わせください。

ポルテスキャップは、ブラシ付きDCコアレス、ブラシレスDC、キャンスタック型ステッピングモータ、ギヤ ヘッド、デジタルリニアアクチュエータ、およびディスクマグネット技術など、業界で最も幅広い小型モー タおよび特殊モータ製品を展開しています。ポルテスキャップ製品は、70年以上にわたり、ライフサイエ ンス、計装、オートメーション、航空宇宙、および商業アプリケーションなど、幅広い医療および産業用 途で多様なモーションコントロールのニーズに対応してきました。

ポルテスキャップは米国、セントキッツ島、インドに生産拠点を構えているほか、米国、中国、インド、ス イスの研究開発センターを中心にグローバルな製品開発ネットワークを築いています。